Lunch 鶏葱きのこ蕎麦 とドラマ『俺の家の話』の話

投稿日:

◎鶏葱きのこ蕎麦
◎キャベツと人参、セロリの和風ピクルス

茹で鶏をつかって鶏そば。
鶏は茹でてからしばらくスープジャーに入れ、そのあと汁につけたまま保存しておくとものすごくやわらかく美味しくなります。
切るのが大変なくらいやわらかい。
茹で汁につけているので、ぱさつきも味が抜けることもないです。

今回は、その茹で汁も使って温かいお蕎麦にしました。
あとはきのこと葱もたっぷりと。

そして、全く関係ないないですが、金曜ドラマ『俺の家の話』、さすがの宮藤官九郎×長瀬智也ですね。
宮藤官九郎脚本ドラマがはスロースターターというか、話が進むにつれどんどん面白くなってきます。
伏線が見事だったり、思わぬ展開があったり。

『俺の家の話』は、撮影担当が帰宅してご飯を食べている後ろで私が見ていることがしばしばあるのですが、回を重ねるにごとに撮影担当が興味を示しはじめ、遂に最新回では食い入るように見てました。
撮影担当はドラマにまったく興味がないタイプなのでこれは驚異的。
でも、そういえば、以前『タイガー&ドラゴン』にもはまっていたので、クドカン×長瀬、好みなのかも?

あと、宮藤官九郎脚本は、扱っているテーマが重かったりしても、説教臭さや押し付けがましさがないのがさすがだなぁと思います。
今回も親の介護や子供の学習障害、労働とその対価などを真面目過ぎずかと言ってふざけすぎず、ナチュラルに描いている気がします。
ご本人がシャイな人っぽいのでそれがいい具合に働いているのかなと勝手に分析。
じつは、10年以上前に電車の中でスタッフぽい人一緒の宮藤さんを見かけたことがあるのですが、ものすごくシャイな感じだったのです。
それにしても、電車でちょっと見かけられただけで見ず知らずの他人に勝手にこんな評価をされてしまうのですから有名人て大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。