埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の新たな食べ方を考えてみた

投稿日:

うまい、うますぎる、でお馴染みの埼玉銘菓「十万石まんじゅう」。
でも、実際には食べたことなかったのです、昨年くらいまで。

埼玉銘菓だけど確か行田のお店なので、あんまりなじみがなかったのですよね。
「いも恋」とか「彩果の宝石」とかの方がみかけるような見かけないような。
何にしても名物のない埼玉県。

さて、閑話休題として、この度、十万石まんじゅうの新しい食べ方を考えつきました。
そのままでも上品でよいお菓子ではあります。
が、餡子に胡桃を入れるとまた違ったおいしさがうまれます。
胡桃餡ぽく刻んだ胡桃を餡子に混ぜてみたり、大きめに砕いたものを埋め込んだりもしてみましたが、いちばんよかったのは、半分に割った十万石まんじゅうに胡桃まるまるひとつを押し込む、これでした。(写真左下)

カリコリした食感とほのかな苦味と油脂感。これがまるまるだとちょうどいい塩梅。
しかも、十万石まんじゅう半分に胡桃ひとつだ餡子の端まで胡桃が届くぴったりの大きさなのです。
ただ、私はお饅頭は一度に半分しか食べないので、このバランスがよかったのかもしれません。
これを2個ってちょっとヘビーかしら。
あ!半分はノーマル、半分は胡桃入り、というのがちょうどいいかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。