【ビール】2021冬〜春ビールまとめ

投稿日:

今年に入ってからのビールたち、かと思われます。

いろいろと忘れ気味ですが、とにかく越後ビールはどれもあっさりしている、ということはおぼえてます。
日本酒も新潟は淡麗辛口と評されますが、それに通ずるものを感じます。
個人的には日本酒も旨口派ですし、ビールもヴァイツェンをはじめとする酵母系のすっきりしていないタイプが好きなので、個人的には越後ビールはちょっとすっきりしすぎかなと思います。
撮影担当も同意見なので、やっぱりかなりさっぱり系なのでしょう。
とくに、こしひかりビールは余韻が弱い感じだった気がします。
さっぱりすっきり系が好きな方にはよいかと思います。

ラッキーチキンは結構苦め。
黄桜のこのシリーズ、ラッキードッグも結構苦かった気がするし、新年に出る干支のビールも苦いらしいので基本苦いのかしら。
ラッキーキャットは飲みやすいような記憶があるのですが。

サッポロのサクラビール、開拓使麦酒仕立ては、どちらもおいしかったと思います。
コクがあるけど苦すぎないという感じでしょうか。

その他、白ビール各種。
どれも美味しかったような気がしますが、なにせかなり遠い記憶。
青い瓶のクローネンブルグブランはサッポロが扱っているポーランドのビールのようです。あれ?意識してませんでしたが、今回サッポロ比率が高めでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。