ひとり昼 バインセオとどて煮

投稿日:

もやしを買ったけれど、焼きそばとかラーメンとかの麺がないのでちょっと持て余し気味。
なので、もやし料理を新規開拓。
何かないかなーと考えていたらバインセオを思いついたので早速作りました。

黄色いのでぱっと見オムレツみたいですが、ターメリックを入れた小麦粉と上新粉の生地です。
カリカリしたやや厚めのクレープみたいな生地に青ネギを加えて薄く焼き、そこにもやしとニラと素干し海老をのせて半分に折ってます。
もやしにあんまり火が入らないのもちょっと心配なので、事前に少しレンチンしてから使いました。
タレはヌムチャムみたいなもの。
たくさんあるので大葉もわさっと散らしてます。

目分量で作ったら生地がちょっと多くて、無理やり一枚にしたのでやや分厚くなってしまった。
そのせいかカリカリ感がちょっと弱め。
でも、適当に作った割にはまぁいいか。
というか、バインセオ、食べたことないので正解がよくわかっていない。
私によくあるパターンね。

生地にターメリックを入れるのは、前にボストンでいろんな国の奥様によるお料理教室みたいなのに行った時も見かけました。
確か、インドネシアの方が、カレーをつけて食べるものとして、ターメリック入りの生地を先の細いディスペンサーに入れて、ぴゃーーーっぴゃーーーーとランダムに格子を描くようにして焼いてました。
東南アジアだとターメリックの生地って一般的なのかしら。

あと、どて煮の残りです。うまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です