<末広町>うちだ の和風ローストポーク定食

投稿日:

昼頃に蔵前橋通りを通るとよく目に入る、うちだ のランチの看板。
見かけるたびに違うメニューが書かれており、和洋中バラエティに富んでいてすごいなぁといつも思ってました。

そして、最近立て続けに(新)とついたメニューが。
新メニューまで開拓しているとは!と、さらに興味がわいていたところ、和風ローストポークという気になる新メニューが目に入りました。
何がどう和風で、どういうタイプのローストポークなんだろう?
以前食べた上野の町中華、大興のローストポークは薄切り肉のポークチャップみたいなものだったし、香港料理系のローストポークはちょっと焼豚ぽいものだったり。ローストポークと名乗るものって意外と振り幅があるんですよね。

ただ、実はこの時、ずっと気になっていた日本橋浜町のHama houseのお弁当を買ってきた帰りだったので、お昼は当然それと決まっていたわけで、、、
しかし、あまりにも和風ローストポークのことが気になってしまったので、お弁当が冷ましてあるタイプだったのをこれ幸いと夕食に回すことにして、ランチはうちだに行ってみることにしました。

お店の方はご夫婦とおぼしきおふたりで、女性が調理、男性が配膳を担当されてました。
お店に入るとまず、定食でよいのかとご飯の量を聞かれ、席に着くと、すぐに副菜がのったお膳が供され、まもなくメインとお味噌汁が到着、とかなりスピード感があります。

ちょっと圧倒されましたが、お料理を食べてみると、すごくきちんとしたお味で一気に安心できました。
気になっていた和風ローストポークの正体は、ローストポークそのものは一般的な洋風の作り方ぽいもので、ソースが和風という感じ。
ポン酢ぽいタレに梅干し?カツオ梅?が入ってたかと思います。

私は梅干しが苦手なのですが、不思議と気にならずいただくことができました。
なんでだろう?
タレに混ぜると他の調味料で梅干しの味が中和されるからかしら。
唾液腺も痛くならなかったし。

おかずのパスタは作り置きではありますが、ちゃんとケッパーが入っていたり、適当なケチャップパスタみたいなものではないのは流石です。
あと、付け合わせのせん切りキャベツ、食べていたら小さい氷が出てきました。
ちゃんと氷でシャキッとさせてるんだとわかり、いい意味で、お!となりました。

そして、お味噌汁、これが一番驚かされたかも。
しっかりとられた出汁の味わいがとてもよいです。
具はキャベツと玉ねぎで、柔らかく煮えているのですが、少しシャキシャキした玉ねぎも混じっていて、具を足してるのかしら。
このコントラストが個人的にはすごくいいと思いました。
あと、具は柔らかかったけれど、お味噌汁自体をぐつぐつ煮立たせてはいなそうな味だったのですよね。
煮詰まってる感じがなく、風味がクリアな気がしました。

ちなみに、こちらのお店、ピーク時はかなり混雑するらしいです。
それも納得のお料理。
あと、帰る時、ものすごく丁寧に挨拶してくださったのも印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です