ひとりおこわ

投稿日:


◎ヒラタケと塩鮭の蒸しおこわ
◎人参、椎茸、ネギ、鮭の粕汁
◎春菊のごま塩白和え

甘酒を作るのにもち米を炊いたので、残りを使ってひとりごはん。
味がついていないもち米なので、あとから昆布茶で味をつけきのこと鮭をのせて蒸してみた。
丼でそのまま蒸してみたけど、水分を逃がす器じゃないとやはりお米がやわらかくなりすぎてしまうようだ。
かといって、もち米を蒸すときのように布巾を敷くとそのまま食べられないし。
ぷつぷつ穴を開けたキッチンペーパーとか、水分を吸ってくれそうな経木とか、まぁまぁ通気できそうな笹の葉とか、そういうのにのせて蒸せばいいのかしら、、、要検討。

そして、酒粕苦手な人がいない隙に粕汁。
ごはんと汁に鮭を半分ずつ。
ひとりならではの材料使い回し。

白和えは甘くないver.
春菊をごま油、塩、すりごまであえ、水を切った豆腐を加えてくずしながらよく混ぜるだけ。
春菊は生のままなので甘いver.より手間なし簡単。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。