Dinner おいなり 初午

投稿日:


◎自家製油揚げのごま生姜いなり(発芽玄米1:白米2)
◎鰆の青ねぎポン酢ソース
◎もずくと生姜、三葉のお吸い物
◎わさび菜の金山寺味噌マヨサラダ
◎赤大根の昆布甘酢漬け

今日は初午。
某大学の敷地内にお稲荷様があり、初午にはお偉方がそろってお参りしているそうな。
その際に油揚げをお供えするのは知っていたが、いなり寿司を食べるという習慣もあると初めて知ったので作ってみた。

市販の油揚げは油がすごいので、水切りした絹ごし豆腐を揚げ焼きにして油揚げっぽいものを作製。
半分は寿司飯に巻いて、もう半分は刻んで混ぜこんだ。
油揚げは少し厚めの方が大豆の味がしつつ煮汁もしっかり吸って尋常ではないくらいおいしい。
あまりのおいしさに撮影&タイトル担当者は床に倒れこんでいた。

夜スーパーにいくと魚が半額になってたりするのが嬉しい。
鰆、好きだが高くて普段は買えないが半額だった。ウワァイ。
鰆はやはりおいしい。

コメント コメントを追加

  1. cookueen より:

    今日の晩御飯はおいなりさん。初午ということらしい。実家でもお稲荷さんを作って食べることはあったし、実家近くのお店や、色々な駅の構内で売られているものを食べてきたが、それらとは一線を画すものだった。。。うますぎる。。。油揚げの存在感、大豆のうまみと香ばしさが心に優しく微笑みかけながら食欲を引き立てる。玄米入りのご飯は油揚げ自体のうまみと煮汁のうまみをガッツリ受け止め融合する。噛めば噛むほどうまさが昇華される。最高だ。
    いつもおいしいご飯をありがとう。

  2. cooKing より:

    喜んでいただけてとっても嬉しいです。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。