Dinner 茄子と穴子の煮物 実山椒風味

投稿日:

穴子の蒲焼きが特売だったので買いました。
普通にちらし寿司にでもしようかと思ってましたが、茄子があったので急に煮物にすることを思い立ち作ってみました。

茄子と穴子の組み合わせは、フレンチの夏の冷前菜で茄子と穴子のテリーヌを見かけたことが何度かあったと思うので、なんとなく定番なのかなぁと。
どちらも柔らかくて食感が遠すぎないから、組み合わせた時に収まりがいいのかも?

ただ、実際に茄子と穴子の煮物を食べたことがあるかと言ったらないような気がするので、美味しくできるのか若干の不安はあったのですが、撮影担当から大好評いただきました。よかった!

市販の蒲焼に塗ってあるテカテカのタレは美味しくないので、洗い流して、水気をとり除いてからグリルで焼き、実山椒入りの煮汁に入れて軽く煮ました。
一度グリルで焼くというひと手間、なんとなくやってみたのですが、これがなかなかよかったような気がします。

あしらいには茗荷とおろし生姜と三つ葉です。
未知の料理だったので、どれが合うのか事前に決めかね、結局全部のせてしまいました。
やりすぎか?とも思ったのですが、結果全部よかったです。

いやぁ、ほんとうに美味しかった。
穴子って鰻とはまた違う独特の美味しさがあるなと改めて実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。