中秋節に聘珍楼の月餅🥮

投稿日:

この日は中秋節でした。
最近一緒にやっているゲーム、大三国志の影響か、月餅が食べたいという撮影担当。
調べたら、学士会館の紅楼夢で売っているようでしたが、この日はなんと定休日。あらまぁ。
しょうがないので、次の候補、上野松坂屋の聘珍楼に行ってみました。

いろいろと種類はありましたが、撮影担当は本格的なものが食べたいとのことで、真ん中にアヒルの卵の塩漬けが入った蓮の実餡のものにしました。

へぇ、あんまり甘くないし油っぽくもない。美味しいね。
卵の塩漬けも特に違和感なし。
ずっしりしているので量はたくさん食べなくても満足感ありました。

蓮の実の餡、最初小豆のあんこに蓮の実が入っているのかと思ってましたが、原材料をみると蓮の実だけでできた餡のよう。
特にクセなどもなくてわからなんだ。

それにしても、普段デパートで買い物とかあまりしないので、たまに買うと包装の豪華さに驚きますね。
デパートのお客さんは年齢層が高いので、物質的なものを得ることで満足する思考/嗜好に合わせてるのかしら。今の流行りには逆行してるような。

そして、この日の月はさすが中秋の名月、本当に綺麗でしたね。驚くほど煌々と輝いた美しい月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です